白髪染めをどうするか問題に向き合った話

美髪研究

20代後半から白髪に悩んでいました。

市販の白髪染めは髪が傷みそうだし、美容院は高いし…と、いろいろ試してきて自分なりの向き合い方を見つけたので共有したいと思います。

ちらほら白髪が出始めて、白髪染めに疲れた方に読んでもらいたいです。

市販の白髪染めで効果が高かったもの

白髪に悩まされてから今までたくさんのセルフの白髪染めを試してきました。

普通の黒髪用のカラー材も使用してみましたが、白髪がキラッと光って上手く染まらないことが多かったので、白髪染めと書かれているものを選ぶようにしました。

その中で特に良いと感じたものを2つ紹介します。

花王 リライズ リ・ブラック まとまり仕上げ

こちらは新発売と同時に購入しました。
決め手となったのは、普通の白髪染めと違って髪に優しいというところです。

使うたびに徐々に染まっていくものなので、1回目ではまだ白髪が残っている感じがありますが、3回目ではほぼ白髪が見当たらなくなります。

使用量もサーバータイプで調整できるので便利です。
放置時間はなんと5分!
いつもシャンプー前に塗ってシャワーキャップをして湯船に浸かっていました。
ツンとする匂いもないし、トリートメントのように髪にツヤ感が出てくる感じが良かったです。

皮膚に塗ってしまってもすぐに洗い流せば大丈夫なところも安心でした。

デメリットとしては、3000円近くするので家で染める用にしては少し高めというところです。
とっても良かったけど、私の毛量が多いせいかロングの時はすぐに一本なくなってしまっていたので続けるのを迷う時がありました。

それから色の種類がブラックかグレーしか選べないのが残念です。
アッシュ系や、ブルー系が好きな私としては、もっと色の種類が増えることを願っています。

花王 リライズ 公式ページ

自然派clubサスティ 白髪用 利尻ヘアカラートリートメント ブラック

母が使用していたので使わせてもらったのがきっかけです。

一回できちんと染めたい時にはこちらを使用していました。
染まりが良くて、髪が傷まないので安心感があります。
一回の使用でツヤも出ました。

デメリットとしては、リライズと同じく値段が高めという点です。

また、とにかく染まりが良いので素手で染めたら爪が大変なことになります。
洗い流しても落ちないので初めて使用した時は苦労しました。
こちらを使う時は、きちんと装備してから使用することをお勧めします。

利尻ヘアカラートリートメント 公式ページ

セルフカラーか美容室か問題

しばらくセルフカラーで白髪を染めていたのですが、どうも不器用な私は後ろの方をきちんと染められませんでした。
また、めんどくささが勝って染めるのをさぼってしまい、髪が白髪混じりのぼさぼさで人に会いたくないと思ってしまうこともありました。

かといって、私の通っていた美容室はカットカラートリートメントで14000円もするところでした。
白髪を染めるペースを考えるととてもじゃないけど通える値段ではなく、セルフトリートメントをしていました。


そんな時、担当の美容師さんが辞められたことをきっかけに他の美容室の情報をホットペッパービューティーで探してみることに。

すると、カットカラーで3000円代など昔は見当たらなかったコスパの高い店が増えていたのです。

自分で染めることに疲れていた私は、近くのカットカラートリートメントで4500円の美容室に行ってみることにしました。

コスパの高い美容室の秘密

普段の3分の1のお値段なのでドキドキして美容室を訪問しました。

接客も店内も居心地良く、そんなに違いはみられません。

違いといえば、

  • 最初から高い薬剤のカラーに設定されておらず、オプション追加料金で薬剤を選べる
  • カット前のシャンプーはない
  • カラーの時の飲み物などは出ない
  • 効果の高いトリートメントはオプション追加料金

と、このぐらいの違いでした。

色の種類も多いし、とてもありがたい料金設定でリタッチメニューも2000円代。
しょっちゅう通いたいと思えました。

探せばあるものですね!

私なりの白髪との向き合い方

自分できれいに染めることが難しかったのと、いろんな色にしてみたかったので美容室で染めることにしました。
私のように不器用でめんどくさがり屋の方には、一度コスパの良い美容室がないかじっくり探してみてはいかがでしょうか。
探すのに時間はかかるかもしれませんが、白髪のことでいつも悩まされていた生活から解放されて、すっきりとした気分になれますよ。

また、記事で紹介した商品は傷まないし染まりやすい優秀なものなので、次のカラーの時までの繋ぎに使おうと考えています。
美容室が苦手な方やセルフカラーが得意な方にとってはおすすめです。

コメント

  1. […] こちらは以前、「白髪染めをどうするか問題に向き合った話」という記事でもお話しましたが、白髪のことを考え定期的に通うには今までの美容室では高すぎて通えないと感じて新しい […]

  2. […] カラーを試していました。しかし不器用な私にはなかなかうまく染められず、コスパの良い美容室を見つけて喜んでいたのです。(参照記事→白髪染めをどうするか問題に向き合った話) […]